吃音 就職

吃音治療@どもりの改善法・治し方

吃音で就職活動は無理?


吃音のせいで、就職活動がうまくいかないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。面接というのはとても緊張してしまうために、いつも以上にどもってしまう、ということもありますよね。
面接官が理解ある人なら良いのですが、中には吃音に対して間違った認識をしている人もいるはずです。どもっているということは極端に人見知りなのだろうから、うまくコミュニケーションを取れずに仕事に支障をきたす。このように判断して不採用にされてしまうこともあるかもしれません。これはとてもひどいですよね。
仮に面接官が理解ある人でも、どもってしまうことが原因で、就職に対して消極的になっている人も多いはずです。営業や接客業なんて、絶対に自分にはできない、と思ってしまうのではないでしょうか。
しかし仕事というのは色々あります。なるべくお客と接することがないような仕事を選べば、ストレスも少なく働くことができるはずです。パソコンを主に使うとか、事務作業を行う仕事がいいかもしれません。未経験でも採用してくれるところは多いですので、探してみるといいでしょう。
ただし、無事に就職できてもそれで終わりではありません。職場の人間関係が気になってしまうことでしょう。
どもってしまうことが原因で、人とうまくコミュニケーションが取れないと悩んでいるなら、最初に自分が吃音であると周りの人に言ってしまえばいいのです。コミュニケーションがうまくいかないのは、吃音が怖くて黙り込んでしまったり、どもってしまうことで会話がスムーズにいかないからではないでしょうか。
始めから吃音であるということを知っていてもらえば、周りも「そういうものだ」と思ってくれますので、吃音のせいで周りのうまくいかないという事態は防げるでしょう。

 

タグ : 

吃音・どもりについて

この記事に関連する記事一覧