吃音 漫画

吃音治療@どもりの改善法・治し方

吃音漫画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』


『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』という漫画をご存知でしょうか。これは吃音を題材にしている漫画なんです。
作者は押見修造さんです。『漂流ネットカフェ』や『スイートプールサイド』といった作品が実写化もされているので、知っている人もいるのではないでしょうか。
主人公の大島志乃こと志乃ちゃんは、母音を発音するのが特に苦手という吃音の症状を抱えています。大島、という苗字のために、志乃ちゃんは自己紹介で自分の名前をうまく言うことができないのです。高校に入学した志乃ちゃんは、クラスでの自己紹介で、うまく自分の名前を言うことができず、クラスメイト全員の前で笑われてしまうという出来事に遭遇してしまうのです。
この漫画は、第一話がネット上で試し読みすることができます。志乃ちゃんが自己紹介を失敗してしまうシーンも第一話にあるエピソードなのですが、志乃ちゃんの緊張が伝わってくるのです。そして、みんなに笑われてしまってどれだけ傷ついたのか、ということも。
自分も吃音に悩んでいるという人は、きっとこのシーンの志乃ちゃんの気持ちが良く理解できるのではないかと思います。一方で、吃音ではない人が読むと、きっと驚く内容なのではないでしょうか。どうしてたかが自分の名前を言うくらいで、そんなにも緊張してどもってしまうのだろう、と首を傾げるのではないでしょうか。
この漫画を読めば、吃音を良く知らないという人も、きっと理解できることでしょう。そして、自身も吃音に悩まされているという人は、勇気をもらうことができるかもしれませんよ。

 

タグ : 

吃音・どもりについて

この記事に関連する記事一覧